ナオさんのふらふらガルルッ2

街の中でふと目にする不思議な物、ありますよね・・・
<< 乾物屋さんの看板娘 | main | コレは常温で大丈夫です >>
斉藤和義「ずっとウソだった」
0
    UPしては消されUPしては消され・・YouTubeでのイタチごっこ。
    斉藤和義 支持します!
    『ずっとウソだった』

    「この国を歩けば、原発が54基
    教科書もCMも言ってたよ、安全です。

    俺たちを騙して、言い訳は「想定外」
    懐かしいあの空、くすぐったい黒い雨。

    ずっとウソだったんだぜ
    やっぱ、ばれてしまったな
    ホント、ウソだったんだぜ
    原子力は安全です。

    ずっとウソだったんだぜ
    ほうれん草食いてえな
    ホント、ウソだったんだぜ
    気づいてたろ、この事態。

    風に舞う放射能はもう止められない

    何人が被曝すれば気がついてくれるの?
    この国の政府。

    この街を離れて、うまい水見つけたかい?

    教えてよ!
    やっぱいいや…

    もうどこも逃げ場はない。

    ずっとクソだったんだぜ
    東電も、北電も、中電も、九電も
    もう夢ばかり見てないけど、

    ずっと、クソだったんだぜ

    それでも続ける気だ

    ホント、クソだったんだぜ

    何かがしたいこの気持ち

    ずっと、ウソだったんだぜ

    ホント、クソだったんだぜ」

    先ほどの地震。その直後の広域停電。大丈夫でしょうか、東北。心配です。

    | 頑張れ東北! | 00:56 | comments(14) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    戦後から誰もがみんな「ホントに安全なの?んなわけないよね?」
    って思い続けながら、どんよりと御上頼りで、原発ができても
    心から危機感持った日本人はどれだけいるだろう?
    はっきりと「やめて!反対です!信用できません!」と言い切った
    人はどれだけいるだろう?
    すべての人の心が生み出す目に見えない大きなうねりに飲まれて
    飽食とスピードと大量を求め続け、競争に勝ってオイシイ思いを
    するために「考えるのしんどいから」「声を上げるの面倒だから」
    「忙しいから」「笑われるから」「どうせなんにもできないから」
    と結論を出して「臭いものには蓋」とばかり目をつぶり続けてきた
    のはほかならぬ我々です。
    会社を信じて真面目に働いている大半の電力会社の社員だって
    そういう意味では同じ被害者です。
    今は電力会社の社員や家族というだけで、ひどい中傷や嫌がらせを
    受ける人もいるようです。

    同一の敵を決めれば人は結束しやすいけど、自分の目がはたして
    正しくものを見ているのか、もっとよく考えたいと思います。
    ただ、正しい答えなんてどこにもないのかもしれませんけど。
    | umineko | 2011/04/08 1:41 AM |
    同類を何万という単位で殺し合う。
    火がないと生きていけない。
    道具が無いと何も出来ない。
    電気がないと生活が出来ない。
    人間は自然が生んだ生き物ではない気がします。

    不自然さと引換えに授かった頭脳と技術で、犠牲を払いながらも原子力を手なずける努力を続け、いつか完成できるのか。

    それとも、失敗した不自然な動物の罪として、自らが作ってしまった汚れと共に生きる事になるのか。

    それとも、新しい知恵と技術で、いつかなくなる地下資源と汚い原子力の代わりになるクリーンな方法をあみだし、みんなの生活に必要な量の電気を作ることができるのか。

    私にはわかりませんが、選ぶ時が来ている様です。
    | かっぱ巻 | 2011/04/08 3:30 AM |
    エネルギー問題は複雑でむずかしいです。消費者にも発想の転換が必要ですね。安全で持続性のあるエネルギーを選ぶか、大量に発生する原子力を選ぶのか・・・こちらフィンランドでは「ここは大丈夫です!」と太鼓判押してますが、100%保障できる技術ってありえますかね?

    日本人、それぞれがこれを機会に考えてみるのも必要だと思います。いきすぎると、いつかは無理がくるものです。国全体としてどうしたいのか・・・中傷よりも建設的に考えていただきたいです。
    | Finfin | 2011/04/08 4:12 AM |
    私たちの父母の時代は 戦争について
    「日本は神の国、神風が吹く、負けやしない」とウソを信じさせられ
    今 私たちは 原発は絶対安全 と安全神話をまき散らされ・・・・
    やっと ウソだったと気が付いた

    騙し 騙される歴史・・・・・・繰り返されていると思いませんか
    歌って嘆くのもいいけれど
    私たちは ちっとも 賢くなっていないのかも

    | ayu | 2011/04/08 7:31 AM |
    14歳アイドルのブログはご覧になりましたか? 環境のこと、もっとみんなで考えようよとすごく建設的な発言をしているのに、コメントのかなりの数が彼女を批判、非難したり、中傷しています。
    この期に及んで、原発賛成者がまだこんなにたくさんいるということにショックでした。芸能人たちもみんな、事務所から口止めされてるんでしょうね。キヨシローが生きてたら、どんなこといってくれたかなあ・・・。もう少し、本気で考えたいですね。
    そうそう。放射能物質は地面から数十センチのところにほこりとなって舞うわけだから、おとなの人間より子供や犬猫たちが被害者です。
    | koko | 2011/04/08 10:57 AM |
    私もだけど、
    批判するのも、支持するのも、どうせ、ただぽいっと言って終わりですもんね。楽なもんですよね。
    | abc | 2011/04/08 11:49 AM |
    歌詞の政府や原発というエネルギーについては分かりますが、ナオさんはもしもお父様が、配偶者様がお子さんが電力会社勤務だとしたらこの歌詞を支持し、本人に対して「あなたの会社は、やっていることはクソだ」と言えますか?真面目に働き、エネルギーを供給しようと努力していた方々に罪はありません。(私は電力会社勤務ではありません。念のため)
    この歌詞を見て痛みを覚える方もいると思います。
    そういうことだと理解されたうえでの掲載なら構いませんが…。

    あと過去の「黒い雨」は戦時中の他国からの攻撃による被害であり、今回の自国内での事故とは意味合いが全く違います。それを揶揄とはいえ、懐かしいと歌うセンスにも疑問がわきます。戦争の恐ろしさを描いた小説「黒い雨」を読んだら、とてもそんなことは書けないはずです。
    | い | 2011/04/08 12:25 PM |
    全然検討違いかもしれませんが、かっぱ巻さんのコメントでナウシカの地下を思いました。映画のような事が・・・・信じられません。今日も秋田と仙台の友達と話しましたが不便はあるけど普通に暮らしてるよ がんばれ東北って云われると少しこそばゆいって言ってました。普段の会話が良いなって笑ってました。黒い雨は映画でも同名でありましたが読んでみたいです
    | コダマ | 2011/04/08 3:00 PM |
    ナオさん
    なんか考えを否定しているみたいになってごめんなさい。
    言いたいことは、いろいろな角度から、いろいろな立場から
    いろいろな経緯をたどって物事を見てみたほうがいいんだろうな
    ということなのでした。

    ただでさえ、日本人は島国育ちの井の中の蛙なところがあるので
    先人が戦後、なぜ原発を選んだのか、そこまで考えてみたほうが
    いいんだろうなと思っているところです。
    そういった考えが自分の中に出たのも、ナオさんの書き込みの
    おかげです。
    | umineko | 2011/04/08 6:34 PM |
    私の原発反対は、今に始まった事ではありません。
    自分の家族が電力会社の社員だったら・・・などと、もはや個人レベルのお話ではありません。
    電力会社は果たして、水力、風力、ガスタービン、ソーラーなどの、原子力に頼らなくてもいいエネルギーに比重を置く研究・開発にどれだけ努力してきたのでしょう。
    事故が起きたら、何年も何十年も、もし多量のプルトニウムが出てしまったら、何万年も、元の土壌に戻す事は出来なくなってしまうのです。
    世の中、絶対・・などという事はありえません。その危険を回避する為にも、私は、原子力に頼った今のやり方には大いに反対です。

    斉藤和義の歌詞の細かいご指摘は色々おありでしょう。(クソ・・などという件も含め)
    でも、彼の、元歌を変えて歌ってしまう・・という、大手レコード会社をあえて敵に回す事は覚悟の上の勇気ある行動を、私は支持します。

    私達はこの日本を、しいては地球を、次の世代に引き渡していかなくてはならないのですから。

    そして、私達が使う電気の為に避難されている福島の方々には、本当に、申し訳なく思っています。
    | ナオさん | 2011/04/08 9:53 PM |
    朝日新聞4月4日の投書欄に掲載されていた文を紹介します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    東電は正確で 正直な情報を
          フリーライター 佐々木紅児さん(北九州市)

    「大丈夫?」って聞くと
    「大丈夫」って言う。

    「安心していい?」って聞くと
    「安心していい」って言う。

    「心配ない?」って聞くと
    「心配ない」って言う。

    それでも不安になって
    「安全なの?」って聞くと
    「安全だ」と答える。

    聞き間違いでしょうか。
    いいえ 、昔から。

    公共広告機構ACの金子みすずの詩「こだまでしょうか」を
    東京電力の場合に置き換えると あまりの空虚さに
    憤りを覚える。
    いま必要なのは 正確で正直な情報を
    あますとことなく公表することだ。

    経営責任より優先事項は 住民の安全確保だ。

    「心」は見えないけれど
    「下心」は見える。

    「思い」は見えないけれど
    「思い上がり」は誰にでも見えるのである。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    私は大分の出身です。
    子供のころ 近くの浜に原発誘致の話が持ち上がりました。
    でも 地域の漁業関係者の反対で
    原発は建設されませんでした。
    私もずっと原発反対ですが 反対してくださった方々に
    感謝しています。


    | ayu | 2011/04/08 9:54 PM |
    原発はいらない。それは強く思う。
    でもCT、レントゲンのための放射線はいまのところ必要。
    だけど扱いきれないものを綱渡りで使うのは、何にせよだめ。
    後始末ができないものを見切り発車で使うのはやめよう、やめさせよう。

    でも、電気使っちゃってる。使わないでは暮らせない。
    たとえ原子力由来の電気が混じってるとわかっていても。
    さらに、一流大学出てるお勉強のよくできる人ですら、
    「東北で起きた事故なのに、なんでこっちが節電すんだよ」
    みたいなこと言ってるおバカさんもいる(会社での実話)

    だから「悪いのは奴らだ!俺たちは全然危険を知らなかった!
    まるっと騙されてた!さあみんな、騙した奴らをやっつけろ!」
    と被害者意識だけで叫ぶ気にはなれない。

    うたっている彼も猛烈な電力を使ってエレキをかき鳴らして
    ライブをしていることだろうし、空調の効いたスタジオに
    こもって明け方まで創作活動をするんだろう。

    声を上げてゆくことには深い意義があると思う。
    もじもじコソコソして裏で文句をいうよりも、何倍もの
    精神力や行動力や覚悟が必要だから。

    でも勇気と暴走は紙一重。
    彼の真意がどんなものか、どこまで何をはかりにかけたかは
    よくはわからない。
    考え抜いた言葉というより、ゴロのいいパンチのある言葉を選んで
    音にのせているような気がしないでもない。(うがちすぎかなあ)

    ただ、その「勇気」を受け止める側の反応が
    「原発は廃止しよう、安全なエネルギーについて本気で考えよう」
    ではなく、
    「そうだそうだヤッチマエ!……ところでトーデンて、ナニ?」
    なんてことにだけはならないよう願う。

    ついでに「風評被害をぶっ飛ばせ!」的な歌も作ってほしい。
    | umineko | 2011/04/09 3:24 AM |
    実のところ斉藤和義を聞いていなかったんですが、
    私も彼を支持します!

    音楽の力は、癒しや慰めだけでなく、
    こうして人の心にさざ波を立てるのも大きな役割です。

    そんな意味では、ミュージシャンやアーティストはこの今、
    しっかり仕事をしてもらいたいです。
    そして私たちもきちんと受け止めて行動したいものです。


    | くり | 2011/04/09 3:42 PM |
    キヨシローが昔から訴えてきたことが現実になって、本当に心が痛みます。怖いです。

    一旦発信(発言)したものは消えません。でも音楽を通して伝えたいことがある、とにかく自分の気持ちを表現したい、アーティストとして!という心意気に胸が熱くなりました。これからの自分に対するレッテルも恐れず…この時期にこの歌を歌う意味や覚悟は相当なものだと思います。

    私は原発はこれ以上増やさないでほしいと思っています。安定した電力は魅力的ですが、危険すぎます。だから現場で働く人のことが心配になるのです。誰でも安全な場所で働きたいです。今、頑張っている現場の人達のためにもこの歌は必要だと思います。
    | とーき | 2011/04/09 8:41 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://fura2.jugem.jp/trackback/572
    トラックバック
    オススメ♪
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    新着トラックバック
    MOBILE
    qrcode